登録販売者講師としての活動

組織や会社の文化づくりが重要になる

2021年6月1日

こんにちは、登録販売者講師の仲宗根です。

 

今日は、最近思うことを綴ってみたいと思っています。

最後までお付き合いいただけたら嬉しいです。

 

私は、占いや占星術といったものに全く馴染みがないのですが、

2021年は、西洋占星術では「風の時代」の始まりの年だそうですね。

 

2020年までの200年は「土の時代」だったらしいです。

 

そんな話、とっくに知ってるよ!という方もいらっしゃるかもしれません(^_^;)

 

「土」と違って、「風」は目に見えないですし、

「カタチ」がありません。

 

コロナ禍の今、世の中を見渡してみると、

知性、思考力、想像力、コミュニケーション、

教育、持続可能性、本質、軸、多様性といった、

「カタチ」がないものが重要視される時代に突入していると思うので、

「風の時代」という表現は、言い得ていると感じます。

 

大量生産・大量消費の時代は終わり、

人々は物質的な豊かさよりも、本質的な豊かを求めるようになりました。

 

90年代半ばから、郊外型の大規模ドラッグストアが急激に増え、

 

加えて、2010年あたりから、

インバウンドの増加で、繁華街や観光地での出店も急増しましたが、

 

コロナの出現によって、

強制的に環境が変わってしまいましたね。

 

インバウンドを当てにしていた企業にとっては

大打撃だったと思いますし、

 

そうでない企業にとっても、

自粛生活により、化粧品や医薬品が売れなくなってしまったことで、

新しい売り方を模索せざるを得なくなりました。

 

企業間競争は、消費者にとって有益ではありますが、

品揃えや価格の差はほとんどなくなった今、

生き残っていくために必要なのは、

組織や企業の文化づくりではないかと感じています。

 

・商品を強引に売りつける商売ではなく、

本当に必要なものを、必要なタイミングで売る。

 

・「この店で買いたい」「この人から買いたい」

と思ってもらえる店作りや人材教育。

 

こういったことにチャレンジしようとすることは、

「理想論」でも「キレイごと」でもなくなるのではないでしょうか。

 

もちろん、ビジネスである以上、

売上げを上げていかなければならないですから、

戦略もとても大切なのですけれど。

 

低価格競争や強引な売り方、

目先の利益を優先する売り方など、

従来の手法では通用しなくなっていくと思います。

 

売り方は「文化」であり、

文化はその会社の「風土」「社風」とも言えますね。

 

やはり「風」の時代ということかもしれません☆

 

 

これからやっていきたいこと

 

私はドラッグストアを辞めて起業し、

これまで、登録販売者さんのスキルアップをサポートしてきましたが、

 

今年の12月末で、起業してからちょうど丸10年という節目を迎えます。

 

来年の1月からは11年目に突入するわけですが、

この節目を機に、私自身のビジネスのスタイルも変えようと考えています。

 

まずは、くすりと漢方のスペシャリスト協会で、

私とともに、資格者のスキルアップサポートを本気で目指す仲間をふやすこと。

 

協会において、認定講師の資格を発行し、

私がこれまで行ってきた単発講座やシリーズ講座などを、

認定講師の方々に開催していただこうと思います。

 

認定講師の養成講座は年内に募集・開催する予定です。

 

そして、

個人の登録販売者さんのほかに、

私自身は、企業内での指導者育成など、

法人向けのサポート事業も新たに始めていこうと考えています。

 

そのためには、何より

理念やパッション、行動を共有できる仲間が必要で、

私にとっての優先順位は何よりも高いので、

 

私自身の頭や心の整理を兼ねて、

「これからやっていきたいこと」については、

メルマガで綴らせていただきたいと思っています。

 

お読みになって感じたことなど、

メールでお寄せいただけると有難いです(^_^)

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

m(_ _)m

 

 

-登録販売者講師としての活動

Copyright© 登録販売者講師 仲宗根 恵 オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved.