登録販売者について 講座・セミナーなど

薬の接客ができる会社で働きたい

こんにちは!

いかがお過ごしでしょうか。

 

昨日は久しぶりに、

オンラインではないリアルの場で、

スキルアップ勉強会を開催しました。

 

 

 

東京でのスキルアップ勉強会は、

最後に行ったのが2019年10月ですから、

2年8ヶ月ぶりの開催(^^)

 

東京での講座やスクールは、

恵比寿の会場を利用していたのですが、

今回もその会場を利用させていただきました。

 

その会場へ行くのは約3年ぶり!

すごく懐かしい気持ちになりました☆

 

 

薬の接客ができる会社で働きたい

 

さて、タイトルにもある

「薬の接客ができる会社で働きたい」

「薬の部門を担当したい」

 

というご相談は、

私のところには常に多く寄せられます。

 

「薬の接客ができる会社はどこでしょうか?」

というご質問も多いのですが、

 

この会社なら出来ます!

と明確にお答えできる会社があるかというと、、、

 

ありません(^_^;)

 

店舗内に登録販売者が少ない場合は、

医薬品担当になれる確率は上がりますが、

 

登販が大勢いる場合や、

すでにベテランの資格者が勤務している場合、

新人登録販売者が管理者や医薬品担当になる確率は

とても低くなります。

 

推売のノルマがきつい

 

今の職場が嫌だなと思っている人に

よく話しを伺ってみると、

「推売がつらい」という話しも多く耳にします。

 

レジで必ずPBにスイッチするよう指示されることや、

声かけしなかったことを咎められることが辛い。

 

何より、

本当はそのお客様に必要とは思えないのに、

一生懸命売り込まなくてはいけないことで、

罪悪感でつらくなってしまうなど、

 

ノルマがハードなドラッグストアでは、

それが理由となって離職されるケースも多いですね。

 

ノルマを達成できない場合に

社員が自腹で購入しなければならないケースも、

多々ありました。

 

西日本、特に九州などは、

推売のノルマがきつい傾向があるような気がします。

 

かれこれ30年以上、

ドラッグストアでは

そのような売り方がされてきましたが、

 

推売品を売れればそれでいい

という時代はもう終わっていると、

個人的には思っています。

 

 

レジや品だしばかりで体力的にしんどい

 

もう一つ、

会社を変わりたいと考える理由に、

「レジや品出しばかりで

体力的にしんどい」というものや、

 

お酒やペット用品、衣料品など、

「他の部門の担当になってしまい、

薬の売り場にまったくタッチできない」

というものがあります。

 

部門によっては、

品出しが非常に重労働だったりしますから、

体力的に自信がない人にとっては、

モチベーションが維持しづらい一面はあるかもしれません。

 

市販薬のエキスパートを目指したい

 

もう一つ、

実はこの理由が一番多いのですが、

 

「市販薬のエキスパートを目指したい!」

だから、薬の接客ができる会社に転職したい。

 

という声です。

 

薬の接客ができない日々が続くと、

スキルアップすることができない!と、

焦ってしまったり、

 

試験で覚えた知識を忘れてしまい、

どんどん自信を失ったりして、

「ここの会社に居たら駄目だ!」

となってしまうわけです。

 

チャンスはいつ訪れるか分からない

 

いろんな理由はありますが、

 

「薬の接客をしたい」という場合、

スーパーやホームセンター、コンビニ等より、

ドラッグストアで働くことを、

私はお勧めしています。

 

ドラッグストアは「薬屋」ですから、

本部にも現場にも

薬のエキスパートが多くいますし、

 

何より、ドラッグストアは、

薬で利益を出すことに力を入れています。

 

それ故に、

推売品にかける思いも強いというか、、、

 

利益率の高い医薬品や化粧品などの、

売上目標も高いわけです。

 

ですから、

推売品がきちんと売れている人は、

医薬品担当者になりやすい傾向があります。

 

生徒さん達から伺ったお話では、

最初の5年はレジや品だしばかりだったけど、

5年目に医薬品担当になれた!

 

7年目にやっと担当になれた!!

 

など、

同じ店舗で長く働いていたら、

チャンスがまわってきた!

という話はたくさん耳にしています。

 

長く勤務していると、

社員の移動やスタッフの入れ替わりによって、

ひょこっと医薬品担当に抜擢されることがあったり、

 

推売が上手だったり、お客様からの信頼が厚い人、

勉強熱心な人などは、上司からの評価によって、

薬の売り場を任されるようになることもあります。

(このケースはとても多いと思います)

 

ですから、

現状だけを見て判断しないというか、、、

現実問題として、

一人前になるまでには、

相当な時間もかかりますから、

 

3年後、5年後、7年後と、

少し先を見据えつつ、

日頃の仕事や勉強をしていくことが、

大事なのではと思っています。

 

登録販売者は、

どうしても孤独な状態に陥りやすいので、

企業や地域の垣根を越えて、

横のつながっていけるような場を、

 

私は創っていきたいと思っています(^_^)

 

 

「登録販売者」のキャッチコピーを募集しています☆

 

キャッチコピーでも、

スローガンでもいいのですが、

登録販売者の皆さんが元気になれるような言葉を、

募集しています!

 

ぜひ、こちらからエントリーしてください☆彡

     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

登録販売者キャッチコピーを一緒に考えよう☆

 

※6月末まで受け付けます。

 

応募していただいたキャッチコピーは、

ブログやメルマガ等でご紹介させていただきながら、

最終的には皆さんの投票で決めたいと思っています。

 

登録販売者業界を照らすような言葉を、

皆さんと一緒に考えていけたら嬉しいです!

 

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました!

m(_ _)m

 

 

☆お薬のことや接客に役立つ知識を、有料メルマガで配信しています。

合格後が本当の試練です!登録販売者メルマガ

 

☆まずは、無料メルマガにご登録ください☆彡

登録販売者☆実現力養成メルマガ

 

-登録販売者について, 講座・セミナーなど

Copyright© 登録販売者講師 仲宗根 恵 オフィシャルサイト , 2022 All Rights Reserved.