登録販売者は一般用医薬品(市販薬)の専門家。



試験合格はスタートライン

当サイトは、実際に登録販売者の資格を持ち、ドラッグストア・薬店などで20年以上仕事をしたキャリアを持ち、現在は講師として新人登録販売者のスキルアップをサポートしている管理人が、これまでの経験に基づいて、お届けしています。 (管理人プロフィールはこちら

 

2009年の登録販売者制度スタート以降、資格取得者は増え、2015年度試験から受験資格から実務経験がなくなってから、受験者はさらに増え続けています。現在、本当にたくさんの登録販売者が全国の薬店・ドラッグストアで活躍していますが、合格後に立ちはだかる「実務の壁」に悩み、接客に自信が持てないと悩む新人登録販売者も多いのではないかと思います。

 

試験のための学習と、実際に店頭で必要になる学習は必ずしも同じではないため、合格後も自身で知識を身につける努力が求められますが、ひとりでは何を勉強したらいいのかわからず、まわりに頼りになる人もいない・・というのが実情ではないでしょうか。

 

しかし、正しい学習方法を身につけることで、スキルアップの勘がつかめてきます。このサイトでは、新人登録販売者の接客スキルの向上をサポートしていきます。

 

 

合格後の勉強法について

 

接客では、症状を聞き取ってから商品の選択まで、膨大な知識が必要になります。毎日の接客でうまく対応ができず、、、どんな勉強をしたらいいのか分からず、悩んでいる新人登録販売者は多いのではないでしょうか?

 

これまでの講師としての活動の中から見えてきた「新人さんの傾向」をもとに、新人登録販売者に必要な知識や、学習の進め方についてまとめた書籍です。
何から学んだらいいのか分からない人は、ぜひ一読ください。

 


スキルアップ講座については、こちらで詳しく解説しています。

 

仲宗根 恵☆新人登録販売者のための講座

東京や大阪、博多、名古屋等で開催している新人登録販売者のための講座は、一人一人の理解が深まるよう少人数制にしています。講座の内容は、実際の接客で多い相談事例などをもとにしながらワークをしたり、実際の商品を手に取ってもらったりしながら進めて行きます。

 

初めて参加する人は「どんな講座なのか分からないから申し込むのに勇気が要った」とおっしゃいます。実際の講座風景を撮影した動画がありますので、講座の雰囲気などを感じていただければと思います。

 

 

これから登録販売者の資格を取得する人は

登録販売者試験の受験資格とは

登録販売者試験を受験するには、昨年(2014年度)までは、一定期間ドラッグストアなどで勤務した『実務経験』が必要でしたが、平成27年度の試験からその実務経験が廃止されます。

 

ただし、合格後に店舗の管理者や管理代行者になるには一定の条件が設けられています。
その『実務経験』の定義について、詳細はこちら>>

資格講座やスクールを受講して取得する方法

医学・薬学の初心者、独学に自信が持てない方は、通信講座やスクールを利用することをお勧めします。
通信講座や短期スクールから、薬学を専門的に学べる専門学校から、自分に合った講座を選びましょう。
資料請求は一切無料ですから、資料を取り寄せて内容を見比べてみて下さい。

 

 

講座・スクールに関する詳細は、こちらのページでも解説しています。

テキストや問題集を購入して独学で取得する方法

 

独学で資格を取得したい!という方へ、受験勉強に適したテキストや問題集を、講師の視点から厳選しました。

 

テキストの種類が多すぎて、どれを買ったら良いのか分からないという方、テキストをまだ購入していない方は、下記のページを参考にしていただければと思います。

 

私が自信を持ってお勧めできるテキストです!

 


受験のためのテキスト・問題集は、こちらで詳しく解説しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ スキルアップ講座 役立つ書籍 お問い合わせ ブログ