勉強法について 接客ってムズカシイ! 登録販売者について

「わからない」には必ず理由がある

 

こんにちは!

いかがお過ごしでしょうか。

 

3月も残り1週間となりました。

私が住む沖縄では、3月の後半頃から、

水虫薬や制汗剤がエンドに並ぶようになります。

 

現在、春先の棚替えに追われている人もいるかもしれませんね^^

 

 

「わからない」には必ず理由がある

 

さて、

これまでも何度もお話ししてきたことですが、

新人さんがつまづく部分というのは、

かなり共通しています。

 

そして、「わからない」には、

必ず理由があります。

 

①症状から適した商品へたどり着けない。

病態の知識が不足している。

 

②商品と商品の違いや特徴が分からない。

成分の作用や性質がわかっていない。

 

③薬の相互作用や飲み合わせがわからない。

薬理学や医療用医薬品の知識が不足している。

 

④病状に応じた養生法を伝えることができない。

接客経験が不足している。

 

⑤何から勉強したらいいのかわからない。

①から④のすべてが不足している。

 

 

同じ風邪でも、

ひき始めと中期、後期では症状が変わりますし、

その時の体力によっても治りが遅くなったりしますが、

 

いろんな接客をしていくと、

この場合は、このパターンだ・・というように、

積み重なった経験値の中から、データが勝手に上がってくるので、

 

症状を聞いて戸惑う・・みたいなことは、

ほとんど無くなってきます。

 

でも、新人のうちは経験値がありませんので、

症状を聞いて、その症状を理解するのに時間がかかり、

 

理解が充分じゃないから、

商品選びにも自信が持てず、悩みます。

 

解消するにはまず

成分の作用と病態生理(人体のしくみ)を学習すること。

 

不足しているものを補うと、

悩みは必ず解消していきます。

 

 

同病異治・異病同治

 

中医学の考え方で、

同病異治・異病同治というのがあります。

 

同じ症状でも原因が異なれば、

治し方が異なることや、

 

別々の症状や病気が、

同じ治療法で治ったりすることを指します。

 

たとえば頭痛なら、

緊張性頭痛は、血流を良くしたり、

揉み解すことで予防できたり緩和したりしますが、

 

片頭痛では冷やしたり、

安静にすることで痛みが緩和されます。

 

また、

原因は同じだけど、

異なる症状が出ていることもあります。

 

ストレスによって、

胃もたれと眼精疲労が起きていたり、

 

血行不良によって、

頭痛や冷えが起きていたり、

 

出ている症状も部位も違うけど、

その要因になっているものが同じというケースです。

 

この場合、元になっているものを解消することで、

出ているいくつかの症状が改善されるわけです。

 

なので、

 

その症状がなぜ起こっているのか?

 

①原因

②症状が起きる仕組み

③それを解消する対処法(商品や養生法)

 

最低限、この3つが基礎知識として必要で、

それを、数分のわずかな時間で聞き取りをして判断し、

商品の提案まで行うわけですから、

難しいのは当然です^^

 

でも、それらの知識が身についたら、

本当に楽になっていきます。

 

「商品知識(成分の知識がベース)」と、

「病態の知識」の2つは、

リンクさせながら学習していくことが大事です。

 

新人の頃、接客経験が少ない時には、

「わからない」ことが分からない・・という状態だと思いますので、

独学よりも、グループ学習がとても有効です。

 

当協会では、現在は、zoomを使ったオンライン講座が主流ですが、

zoomで講座に参加することは、

思ったより難しくないと思いますので、

単発の講座などから、まずはご参加いただけたらと思っています(*^_^*)

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました!!

m(_ _)m

 

 

-勉強法について, 接客ってムズカシイ!, 登録販売者について

Copyright© 登録販売者講師 仲宗根 恵 オフィシャルサイト , 2021 All Rights Reserved.