有料メルマガの内容ご紹介

合格後の勉強、してない方がおかしいですから。

2020年2月4日

こんにちは。

登録販売者講師の仲宗根恵です。

 

【単発講座】

サプリと薬の違いがよくわからない・・。成分や商品の特徴が捉えられず、登録販売者として適切な商品選択ができていないと感じている新人さんに。

3/5 東京都 新人登録販売者のためのビタミン・保健薬の選び方講座 入門編【東京】

 

 

今日は立春。二十四節季の中の「春」。一年(春夏秋冬)が始まる日です。

 

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る

 

まさに、この言葉通り、

毎年1月から3月は、あっという間に過ぎる印象があります。

 

4月は新年度ということで環境の変化があったり、

季節の変わり目での体調の変化を感じる月ですね。

 

1月から3月までに不養生だったり、

時間に追われてバタバタと過ごしてしまうと、

4月の「変化」に心身が消耗してしまい、

5月に「五月病」に襲われやすくなるんですね。

 

1月、2月、3月、4月の心身の健康を維持することが、

夏以降の健康状態を左右します。

 

私は出張で長距離移動が多いですし、

冬は出張先と自宅との気温差が常に15℃前後ありますから、

健康管理には、本当に気を遣っています。

 

私自身の品質を一定に保たなければなりませんから、

体調管理もまた、プロとして欠かせないスキルです。

 

勉強している人は、もっと胸を張ろう

 

さて、私が常々感じていることなのですが、

合格後も自費で講座を受講したりして、一生懸命勉強する人が、

ここ3-4年でとても増えてきています。

 

資格が誕生した頃は、合格したらそれでOK!

参考書も全部捨ててしまう人もいたりして、、、

 

会社も個人も、登録販売者という仕事の厳しさを知らないまま受験し、

合格後は放ったらかしの状態。。。

 

そもそも、時給アップや昇給を目的に受験する人も多かったですし、

会社からの命令で、仕方なく受験した人も大勢いましたから、

合格後も頑張って勉強しようという人はほとんどいませんでした。

 

PBや推売品の売り方だけチャチャッと教えてもらい、

推売品が売れたら一応評価はしてもらえるから、

それによって「自分は出来ている」と勘違いしている人だけが増えて、

 

お客様の相談に本当に的確に答えられるプロの資格者は、

ほとんどいない・・というのが現状だったと思います。

 

しかし、

資格誕生から10年。資格者が増えるにしたがって、

お客様からの質問や相談に応えられないと悩む登販が増えてきました。

 

PBや推売品の売り方を覚えたくらいでは、

専門家としての対応など出来るはずもなく、

基礎疾患のある人の対応など、難しい接客では成す術がありません。

 

合格して数ヵ月や数年なら、

知識がなくても何とかごまかして接客できるかもしれませんが、

 

お客様の悩みに応えられない・・という状況が長年続けば、

自己嫌悪に陥ったり、逃げ出したくなったりして、

もう直視せざるを得ない状況になります。

 

合格後の勉強を真剣に始める人が増えたのは、

ある意味自然の流れというか、

この仕事の厳しさを目の当たりにした人が、

「このままではいけない」と気づいたからでしょう。

 

それなのに、、、

自分で努力して勉強していることを、

ひた隠しにしている人がなんと多いこと。。。

 

勉強せずに、いい加減な知識で堂々と間違った接客をしている、

その他大勢の登録販売者たちの目を気にして、

 

勉強していることを、同僚や会社には知られまいとする登販が多いのは、

一体なぜなんだろう???

 

これも常々感じている大きな疑問です。

 

まるで何か悪いことでもしているかのように、

ひっそりと息をひそめて気づかれないように勉強をしている人もいます。

 

本来、後ろめたい思いに駆られるのは、

何も勉強しようとせず、いい加減な接客をしてる人達なはずなのに、

一体何故なんでしょうね?

 

 

小さな一歩が自信になる

 

自信はない。
でもとにかくやってみようと決意する。
その一瞬一瞬に賭けて、ひたすらやって
それだけでいいんだ。
それしかないんだ。

------------------

万国博覧会の太陽の塔を作った
岡本太郎さんの名言です。

 

合格後の成長が速く、スキルアップに成功する人の共通点は、

 

・行動している。

・自ら発信できる(アウトプット)。

・周りのせいにしない。

 

この3つ。

 

行動していると、必然的に失敗することもあります。

が、それは恐れることはありません。

 

発信できない人、勉強していることを公に出来ない人は、

その理由に「自信がない」ことをあげますが、

 

自信がないからできないのではなく、

発信やアウトプットをしないから自信がつかない。

 

自信がないからできないと言ってしまうと、

それは自分の未来に「できなくてもいい」と宣言しているようなものです。

 

やがて、「自信がない」という証拠が自分の目の前にやってきます。

 

「自信がない」は行動を起こさないための言い訳ですね。

 

そんなマイナスのスパイラルを止めるために、

「まずは何から始めよう?」と自分に問いかけてみてください。

 

自信がないから・・・

と諦めていることに対して、

 

じゃあ、自信を得るためには、

「まずは何をしたらいいか?」

 

その問いかけを続けることが、

マイナスのスパイラルから抜け出す一歩になります。

 

小さな一歩が、いつか大きな自信に繋がりますよ(*^-^*)

 

コツコツと勉強をしている人は、もっと胸を張っていいと思います。

 

そんな人たちが増えたら、

勉強していない人達、いい加減な人達は、

きっと肩身が狭くなりますよね。

 

本来は、それが自然な姿であるはずです。

 

それが、本当の意味での資格の質の向上につながるでしょう。

 

まずは、自分から。

 

市販薬のプロとして、本物の実力を身につけられる、

そんな「場」を増やしていくのが、2020年の私の目標です。

 

そんな志を共有していける「仲間」を創ります。

 

一人では出来ないことも、

チームや仲間、コミュニティーを持つことで、

大きなパワーになります。

 

一歩を踏み出しましょう!

 

 

今日は少々熱く持論を語ってしまいましたが、

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

 

 

 

【cafe勉強会・全国ツアー☆】

4月までの日程が出そろいました(^^)

登販コミュニティー、チームを創りたいです!
まずは、私に会いに来てくださいね☆

 

 

 

-有料メルマガの内容ご紹介

Copyright© 登録販売者講師 仲宗根 恵 オフィシャルサイト , 2020 All Rights Reserved.