勉強法について

答えだけ求めていると成長しません

2017年5月23日

こんにちは、仲宗根です。

 

私のところには、毎日30通ほどの質問メールが、メルマガやブログの読者さんから届きます。

 

その中で結構多いのが、特定の症状に対してお勧めできる「商品名」を教えてほしい・・というものです。

 

症状⇒具体的な商品名

 

たとえば、

 

・風邪で下痢をしている場合にお勧めしてもいい止瀉薬はどれですか?

 

・風邪の下痢の時に、正露丸をお勧めしてもいいですか?

 

と、特定の商品名を教えて欲しいという質問・・。

 

同じ症状でも、乳幼児と成人と高齢者では病態や対処法が異なると思いますし、症状が起こっている原因、基礎疾患やアレルギーなど、それぞれ違うはずです。

 

販売の可否だけが知りたい!!というようなご質問が結構多いのですが、その場合、ご期待に沿えるような回答ができないことも多々あります。

 

What?ではなく、How?の視点が大事なんじゃないかな~と思う今日この頃・・・。

 

どうしてもWhat?の質問が多くなりやすいのは、新人の頃は仕方がない部分もあるのかもしれません。

 

しかし、徐々にHOW?に切り替えていかないと、本当の成長はできないのかなと思います。

 

「答え」よりも、どうやって答えを出すのか?

答えの出し方を習得できるといいですね。

 

 

 

-勉強法について

Copyright© 登録販売者講師 仲宗根 恵 オフィシャルサイト , 2020 All Rights Reserved.