登録販売者と薬剤師の違いについて



登録販売者と薬剤師の違い

薬剤師は国家資格

薬剤師になるにためは、大学の薬学部へ行く必要があります。

 

6年間薬学部へ通って卒業した後(薬学部は6年になりました)、薬剤師国家試験を受け、合格したら薬剤師になれます。

 

薬剤師はすべての医薬品を取り扱えますし、医薬品の開発や研究に取り組んだり、製薬メーカーで医薬品の製造をしたりする事もできます。

 

何より、国家資格という大きな強みがあります

 

しかし薬剤師の資格を得るには、医薬品業界の中でも、「トップクラスのお金」が必要という難点もあります。

 

私立大学の場合、年間で300万円近くかかりますから、300万×6年だと膨大な学費が必要ですね。

 

国公立でも最低400万円くらいかかるでしょう。

 

登録販売者はお金と学歴が要らない

一方、登録販売者は、中学・高校卒の学歴の人でも、どなたでも取得できる資格です。

 

受験するには、高卒以上で1年以上(中卒で4年以上)の実務経験が必要なので、最短だと1年で資格が取得できることになります。

 

独学で勉強する場合は、テキストや問題集など以外、ほとんどお金がかかりません。

 

専門学校でしっかり学ぶ場合は、100万円近くの費用がかかるケースもありますが、通信講座や短期スクールを利用すれば1万〜6万円くらいに抑えることが可能です。

 

スクールや講座に関する情報はこちらでご紹介しています

 

医薬品に携わる仕事をしたいけれど、経済的な理由で薬学部には行けないという方には、登録販売者は非常に有益な資格ではないでしょうか?

 

 

誤解しないでください!

登録販売者になるために学歴は必要ありませんが、学力は必要です!

 

医薬品に関わる仕事をするには、非常に膨大な知識やスキルが必要となります。
また、合格したら勉強は終わりではありません。

 

薬学は日々進歩するため、常に努力し続けなければ、ついていくことは出来ないのです。

 

薬剤師と薬種商の違い

ネットパイロティング社の薬剤師であり、「登録販売者になる!いちばんわかるテキスト」の著者でもある、米山博史さんとお話をさせていただいた動画です。
≪2015年6月≫

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ スキルアップ講座 役立つ書籍 お問い合わせ ブログ