ブログ

このブログは、登録販売者同士の情報交換の場にしたいと思っています。
登録販売者に関する事なら何でもOKです!質問や意見を記事としてブログにアップして、他のみなさんと共有していきたいと思います。
(もちろん、ご本人の同意を得てから公開します)

店頭における外国人対応マニュアル 2011年03月30日(水)

私は 沖縄のドラッグストアに勤務しています。

 

お店が基地に近いせいもあって、

アメリカ人のお客さんも結構来ますし、

 

最近は、中国や台湾からの団体の観光客のみなさんも、

多く来店されるようになりました。

 

一応、基礎的な日常英会話はできるのですが、

 

病気の症状やアレルギーや体質の話になるとアウトショック!

 

中国語なんて「シェイシェイ」と「ニーハオ」しか知らないから、

さらにアウトです。

 

薬屋さんでの外国語の接客トークについて、

何か良い教材はないかと 探していたら・・

 

見つけましたビックリマーク

 

大阪府の公式サイトの中に!

 

1 一般的会話 [PDFファイル/823KB]

2 症状等の確認 [PDFファイル/3.04MB]

3 クスリの効能・効果 [PDFファイル/1.86MB]

4 クスリの種類 [PDFファイル/566KB]

 

5 クスリの使用方法

1.韓国・朝鮮語 [PDFファイル/1.22MB]

2.中国語(簡体字) [PDFファイル/1.07MB] 

3.中国語(繁体字) [PDFファイル/1.28MB] 

4.英語 [PDFファイル/882KB] 

 

 

6 注意すること

1.韓国・朝鮮語 [PDFファイル/1.25MB] 

2.中国語(簡体字) [PDFファイル/1.19MB] 

3.中国語(繁体字) [PDFファイル/1.39MB] 

4.英語 [PDFファイル/978KB] 

 

 

7 アドバイス [PDFファイル/3.66MB] 

8 身体の部位 [PDFファイル/623KB

 

接客に必要なやり取りがすべて書かれているので、

覚えてその通り話せばOKです。

 

話すのが苦手なら、

マニュアルをプリントして それを外国人の方に見せながら、

対応するだけでも充分に会話が成り立ちますよ。

 

外国人のお客様が多い店舗にお勤めの方は、

ぜひご活用下さいニコニコ

 

トップページへ戻る

今私が勤めてるドラッグストアは 違いますが

 

会社によっては

資格を持たないパートさんやアルバイトの人を

医薬品のカウンターに立たせ

 

薬の販売をさせているところがありますね

 

まぁ、薬事法が改正される前は

当たり前に行われていたことですが・・・。

 

登録販売者制度がスタートしてからは

そういう行為は違法ですよねビックリマーク

 

私は以前

推奨販売がガンガン行われている会社に勤めた経験もあります

 

あまりのモラルの無さに その会社は2年ほどで辞めましたが・・。

 

その会社では

大学生や主婦などの資格を持たない従業員にも

医薬品のノルマが課せられていて

 

お客さんにガンガン薬の推奨販売をしていました

 

薬事法が改正され、登録販売者制度がスタートした今

 

さすがに、そんな会社はなくなるだろう・・と期待してたんですが

 

残念ながら まだまだ存在してますねぇガーン

 

横に登録販売者や薬剤師がついている状態で

接客をしているなら まだいいんです

 

間違った説明をしたとしても ちゃんとフォローしてくれるから・・。

 

皆さんのお店ではどうでしょうか?

 

トップページへ戻る