ブログ

このブログは、登録販売者同士の情報交換の場にしたいと思っています。
登録販売者に関する事なら何でもOKです!質問や意見を記事としてブログにアップして、他のみなさんと共有していきたいと思います。
(もちろん、ご本人の同意を得てから公開します)

「服用してもいい」は100%安全ということではない

こんにちは、仲宗根です。

 

台風24号が去って、今日は青空が広がる沖縄です。

みなさんのご自宅や職場は大丈夫だったでしょうか?

 

昨日は自宅ベランダに飛んできた木の葉を掃除したり、

窓ガラスの拭き掃除、車の洗車、

停電で全滅した冷蔵庫の中を片づけ、、、など、

 

台風の後片付けに追われた一日でした。

 

来週は台風25号が接近するようなので、

食料や水の備えが必要ですね。

 

今年は本当に自然災害の多い年です。

 

さて、

 

私のところには毎日たくさんの質問メールが届きますが、

「〇〇の人に、〇〇(商品名)を勧めても大丈夫でしょうか?」

 

という内容のご質問もとても多いです。

 

授乳中の人に、コーラックを販売してもいいですか?

 

高血圧の人に葛根湯は大丈夫ですか?

 

などです。

 

商品の添付文書を読めば、ある程度の判断はできますね。

 

「してはいけないこと」「相談すること」に

記載がなければ、基本的にはNGではないということになります。

 

ただ、

服用してもいい。ということが、

100%安全ですよ。ということにはならないことを、

 

私たち専門家は理解しておく必要があります。

 

服用してもいいリスクがない

 

これは間違いです。

 

医薬品には作用があれば副作用があり、

ある人にとっては有益でも、

別の人にとっては、健康を害するものになることもあります。

 

商品としては、どんな人に注意が必要なのか、

どんな人は飲んではいけないのか、添付文書に記載されていますが、

 

お客様の体質や年齢、症状など、

毎回接客の内容は変わりますから、

その都度、対応は変わりますね。

 

ですから、

 

飲んでもいいのかダメなのか、

その答えだけ教えてください!!

(※質問の中に、お客様の症状はほとんど書かれていない)

 

というご質問には、お答えできないこともあります。

 

シンプルな質問のように見えますが、

実は、ものすごく奥が深くて、

答えを出すにはたくさんの知識と知恵が要ります。

 

その力をつけるには、ショートカットはなく、

一歩ずつ進んでいくしかないのです。

 

急がば回れ (^^)

 

 

 

 

トップページへ戻る

こんにちは、仲宗根です。

 

明日は大阪で講座があるので、今日は新大阪に滞在しています。那覇も今日は寒かったんですが、大阪も最高気温が2℃くらいだとかで、とても寒いです!!

 

あまり外を出歩かないようにしようと思っています雪の結晶

 

さて、メルマガの読者さんからのご質問で、医薬品を使用した時の自分の感想をお客様に伝えるのはダメなのか?という内容のメールがいくつか届いていたので、私なりの見解を書いてみたいと思います。

 

鎮痛薬や風邪薬、胃腸薬などの市販薬は、症状を緩和することを目的にしていますので、基本的に「症状」を聞き取って選んでいきます。

 

アレルギーなどの体質や持病、これまでの服用歴など、いろいろ加味することもありますから、お客様が100人いれば100通りの提案の仕方があると思います。

 

ですから、自分によく効いたからと言って「この薬よく効きますよ!」という宣伝だけで売ってしまうのは、専門家らしからぬ対応だと思います。

 

ただ、感想をお伝えすることで、お客様がイメージしやすくなるものもありますね。薬の飲みやすさや、味、使用感、使いやすさなどです。

 

自分の体験談として情報提供することはアリだとは思います。

 

薬の効果や商品の特徴などをしっかり理解し、それをお客様にもお伝えした上で、自分自身の体験や感想をお伝えすることは私もありました。

 

それは、お客様との信頼関係やコミュニケーションがあってこそ成り立つことかもしれませんね。

 

医薬品は、化粧品や雑貨、食品などとは本質が異なり、口コミや評判で選ぶものではありませんから、そのあたりをお客様にもお伝えできればいいのかなと思います。

 

薬の味や飲みやすさなどを聞かれることは多いですから、そうした商品知識も積み重ねておくといいですね。

 

 

トップページへ戻る

こんにちは、登録販売者講師の仲宗根です。

 

登録販売者試験のシーズンになると、タイトルに書いたような質問がよく届きます。

 

今まで、お薬の販売にまったく関わってこなかった人は、成分名や漢方薬の処方名など、初めて聞く名前ばかりかもしれません。

 

それでなくても、カタカナばかり長い名称が多いので、覚えるのに一苦労だと思います。

 

私自身も、薬種商試験の勉強をしていたころは、この成分名を覚えるのが本当に大変でした。

 

成分名だけじゃなく、劇薬・指定医薬品・習慣性医薬品といった薬の分類と、保管方法(遮光した気密容器に保管する等)、効能・効果、性状なども同時に覚えなければいけなかったので、私はとにかく書いて書いて書きまくって覚えるようにしていました。

 

登録販売者のスキルアップ

 

らくがき帳をたくさん買ってきて、成分名や効能効果を、覚えるまで書くんです。何十回も。白紙の中に白いところがなくなるくらい、鉛筆でなぐり書きのように書いてました。

 

その時に、成分名を声に出して読み上げながら書くと、覚えるのも早かったです。

 

スラスラと成分名が言えたり、書けるようになると、自然と頭にも入ってました。

 

そんなアナログな勉強法だったので、「効率的な暗記の仕方を教えてください!」なんて聞かれても、役に立つアドバイスができず、、、いつも申し訳なく思っています汗

 

ただ、その当時、そうやって記憶したことは、30年経った今もあまり忘れていないから不思議ですニコニコ

 

それだけじゃなく、試験勉強に励んでいた頃に流行っていた曲の歌詞や、当時読んでいた小説の文章なんかも、結構はっきりと記憶に残っているんです。

 

何かを覚えるための能力が、当時はフル稼働していたんでしょうね(笑)。

 

ちなみに、私は本を読む時に、声に出して文章を読む、いわゆる「音読」をすることがあります。本当に頭に入れたい時は、声に出して読むと記憶に残るんです。

 

歌も歌詞を読むだけよりも、実際に歌った方がすぐに覚えますよね?それと同じで、声に出す、手で書く、というアウトプットを行うと、強く脳裏に焼き付くような気がします。

 

手間がかかって大変、、、、と思われるかもしれませんが、急がば回れ!で、意外にこっちのほうが近道かもしれません。

 

合格さえできればいいという勉強ではなく、合格後のことも見据えた勉強をすることが、のちのち自分を助けますから、書いて覚える勉強法をぜひ試してみてくださいビックリマーク

 

 

トップページへ戻る